着物でがっつり肉食奈良女子ランチ

IMG_1101

こんにちは、ASUNARAの藤田です。

着物に着替えてランチ、どこにしようか悩みますよね?

帯の締め付けも気になりますが、がっつりお肉を食べたい!となるときもあると思います。

IMG_1115

シンプルだけどお肉の旨味を楽しめる!きたまちレトロレストラン「吉川亭」

近鉄奈良駅から行基スポットを北に抜けると、きたまち商店街に出会えます。

奈良女子大学へと続く商店街で、学生の街らしく様々な飲食店が立ち並んでいます。

レストラン吉川亭は、創業36年の昔からある洋食屋さん。

奈良のひとなら知る人ぞ知る名店です。

IMG_1063

足元注意の手書きの看板を抜けて、年季の入った重厚なドアをあけます。

IMG_1105

ランチメニューは表記にある4種類です。

今回は、肉食女子ということなのでハンバーグとビーフシチューを注文しました。

IMG_1073

席数は2人がけのテーブル席が4つ、4人席が2つあります。

店内は落ち着いた色味のインテリアで統一されており、シックな装い。

調度品も置きすぎず、シンプルな作りですね。

IMG_1077

まずは付け合わせのオニオンとレタスのサラダ。

IMG_1095

ライスとバケットは1/3ほどの長さのものがでてきます。

IMG_1090

口の中で肉の繊維がホロホロとちぎれていく絶品ビーフシチュー

まずはビーフシチューからいただきます。

スープ状のものと勝手にイメージしていましたが、見るからに柔らかそうなお肉の塊がゴロゴロ。

IMG_1097

ナイフは必要ないほど柔らかく、脂身とお肉の部分のバランスが絶妙。

ソースを絡めて口の中に入れると、しつこくないけれど旨味はたっぷりのソースを纏った牛肉がとろけていくようです。

IMG_1092

肉肉しいほどお肉の旨味を味わえる極上ハンバーグ

続いては、ハンバーグですね。

こちらも付け合わせなどはビーフシチューと同じで「洋食屋さんのハンバーグ」という感じのシンプルな盛り付け。

IMG_1096

肉汁が溢れでてくるというタイプのハンバーグではないですが、牛肉の旨味を存分に味わえる一品。

ひと噛みするごとに弾力のあるお肉から旨味が伝わってきます。

ソースとの相性もバッチリで、一つでは足りないくらい飽きのこない仕上がりです。

IMG_1100

ライスかパンも選べるのですが、ビーフシチューにはやっぱりパンがオススメですね。

外はカリッと中はふわっとした、シンプルで固すぎず食べやすいバケット。

余ったソースにバケットを絡めて食べると最高です。

IMG_1078

店内には、創業から2011年までの吉川亭の今昔物語も張り出してありますので、料理を待っている間にぜひ一読してみてください。

店主の人物像が思い描かれて、ますます料理が楽しみになります。

IMG_1084

テーブル席があり、ナイフとフォークを使うランチ。

汁気も少なく、こぼす心配もあまりないので、着物で訪れても食べやすいですね。

IMG_1065

IMG_1104

お店は常連っぽい方や、近鉄奈良駅から近いのもあって観光で来られた団体の方々など、ひっきりなしにお客様が入っていました。

途中でハンバーグランチがなくなっていたので、ハンバーグを食べたい方は早めがベターかもしれません。

IMG_1112

お腹いっぱい!

着物でお肉ランチ、いかがでしたか?

ボリュームも少なすぎず、多すぎず、着物をきても苦しくない程度でした。

奈良や京都で着物を着ると、ついおばんざいやヘルシーなランチに行ってしまいがちですが、たまにはお肉もオススメですよ。

 
  • 店舗 / 吉川亭
  • 住所 / 奈良県奈良市花芝町17
  • TEL / 0742-23-7675

Pocket

Plan おすすめの奈良旅プランPlan おすすめの奈良旅プラン