春はadmiでとびきり可愛く出かけよう

admi記事表紙

こんにちは、着付け師の藤田芙美です。

少しずつ、春の日差しや暖かさが見え隠れしてきました。

寒さに縮こまらず、のびのび歩ける春本番が待ち遠しいですね。

IMG_6093 copy

奈良はぜひのんびりと歩いて散策して頂きたいのですが、それには心地良いお履き物が必要ですよね。

ASUNARAの奈良散策の大切なお供と言えば、DESIGN SETTA SANGOさんのSETTAです。

IMG_3479

暑い夏の日も。

IMG_2303

IMG_2377

寒い冬の日も。

IMG_5868 copy

いつだって可愛く、優しく、私たちの足取りを軽くしてくれます。

 

「admi」とは・・・?

ASUNARAの履物では、現在2種類のデザイナーさんのSETTAをお貸出ししておりますが、

そのうちのお1人がadmiさんです。

IMG_3491

優しい色合いで、可愛いけど手に取りやすいデザインは、女性だけでなく男性が履いても素敵です。

この不思議となじむような魅力を持つデザインは一体どのように生まれているのでしょうか。

IMG_1384

admiの意味はヒンドゥー語で「ひと」

優しい色合いと温かみのある風合いは、インドの職人さんとの出会いから生まれているそうです。

admiさんの布はインド綿にこだわり、柄はインドの職人さんたちによる木版プリント。

デザイナーさんと職人さんの絶大なる信頼関係と、丁寧な仕事により、

可愛さの中に心地よさが滲み出るデザインたちが生み出されているのですね。

IMG_1387

そんなadmiさんのテキスタイルデザイン。

ASUNARAではSETTAだけでなく、さまざまな着物用小物に登場させています。

 

ASUANARA流、admiコーディネート

まずは半襟。

IMG_5982 copy

ちらりと見える半襟にも、admiさんのカラフルな小さい柄が映えます。

 

続いて、帯揚げ。

IMG_5983 copy

普段使いのウールのお着物なら、こんなコットンの生地を帯揚げ代わりに使うのも素敵ですね。

IMG_6069 copy

柄は異なるものでも、同じデザイナーさんのものだと、襟元と帯周りで統一感が出ます。

 

そして、「wagashi trip」 や「とびきりの休日」にてワークショップなどを体験する際には、

着物が汚れることを気にせず楽しんでいただけるよう、特製の前掛けをお渡ししています。

IMG_6225

もちろんこちらもadmiさんのお好きな柄をお選びいただけます。

5V8A6372

写真は「とびきりの休日vol.2」より、大和茶ブレンドワークショップの様子です。

みなさまがお着物に前掛けをされている様子は華やかでいて懐かしく、

なんだか昔の女学校のような空間になりました。

 

そして、最後に忘れてはならないのが、SETTAです。

IMG_6070 copy

 

これで、admiスタイルの完成です。

IMG_6067 copy

admiさんの細かな柄を引き立たせるには、お着物はあまり柄の多くないものの方がよさそうです。

今回は春色ピンクのアンサンブルを合わせました。

風呂敷カバン、帯、足袋は濃紺で統一。

IMG_6086 copy

羽織紐にも青色を持ってきました。

admiさん小物やピンクの着物の可愛さと、はっきりとした紺色小物のコントラストで

甘いコーディネートを少しだけ引き締めています。

IMG_6094 copy

IMG_6233

ちなみに、髪飾りはnokkonicoさんのカケラバレッタでした。

春のお花を閉じ込めたような作品で、とても綺麗です。

IMG_6078 copy

もうすぐ春です。

うきうきするようなadmiスタイルでの奈良散策はいかがでしょうか。

 
  • 撮影場所:奈良市南半田西町 ホシヤ洋服店

Pocket

Plan おすすめの奈良旅プランPlan おすすめの奈良旅プラン