大雪の催し

2016.12.07 イベント, みつけるasunara

大雪2016

こんにちは。ASUNARAの藤田です。

大雪とは、いよいよ本格的に雪が降り出す頃のこと。

12月13日には、正月の事始めの日もあります。

新年を迎える準備を始める季節の、特別な催しに出かけましょう。

 

 

春日若宮おん祭 と 入江泰吉「春日大社とおん祭」

img6092

881年もの間、受け継がれてきた伝統行事

おん祭は、平安時代に流行した飢饉や疫病などから人々を救うべく、藤原忠通氏が始めたと伝えられています。

以後、現在に至るまで、五穀豊穣と万民安楽を祈って、大切に続けられてきました。

特に17日(土)には、時代装束をまとった行列を見られるお渡り式や、お旅所での社伝神楽や田楽、細男、舞楽といった芸能の奉納など、見所がたくさん。

それぞれの場面をゆっくり観覧できる桟敷席は限られておりますので、お早めに。

合わせて、これまでの春日大社のおん祭の歴史と風景を伝える写真展が開催されています。

長い年月伝統が重ねられてきた空気感をまずは写真で体感してから、今年のおん祭に訪れてみてはいかがでしょうか。



 

かぎろひを観る会

20161129104353-00013

冬の朝、この場所でだけ観られる古の景色

今年で45回目を迎える冬の恒例行事。

「ひむがしの 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ」

持統6年(692)の旧暦11月17日に柿本人麻呂が詠んだこの秀歌を偲び、冬の早朝に見られる自然現象「かぎろひ」を観るために集まるという催しです。

「かぎろひ」とは、厳しい寒さの冬、よく晴れた日の出前に現れる、東の空を彩る陽光のこと。

たき火を囲んで暖をとり、講話やミニコンサートに耳を傾けながら、かぎろひを待ちます。

厳かな雰囲気の中、遥か昔から尊ばれてきた景色だけを求めて待ち続ける、そんな貴重な体験はいかがでしょうか。



 

福田利之 原画展 in NAOT

photo1

冬の贈り物にぴったりなあたたかいイラスト

イラストレーターとして活躍されている福田利之さんの原画展が開催中です。

あたたかな表情と色合いの作品は、クリスマスを待つこの季節にもぴったり。

グッズの販売もあるので、大切な人への贈り物を探しに訪れるのも良いかもしれません。


  • 開催日:開催中~2016年12月18日(日)

  • 定休日:月曜日

  • 時間:AM11:00~日没

  • 会場:NAOT NARA

  • 住所:奈良市芝突抜町8-1

  • 電話:0742-93-7786

  • URL:http://naot.jp/blog/2016/12442



 

年の終わりに向けて、忙しくもわくわくするこの季節。

今年も最後まで、奈良での素敵な体験を。
Pocket

Plan おすすめの奈良旅プランPlan おすすめの奈良旅プラン