奈良の冬に活躍、着物のあたたか身支度

IMG_4898

こんにちは、着付け師の藤田芙美です。

冬の寒さも本番となり、奈良も毎日のように木枯らしが吹いています。

でもこれからの季節、クリスマスや年末年始のご挨拶など、和のお洒落で出掛けたい機会が盛り沢山。

せっかくだから着物を着たいけれど、着物って暖かいの?寒くてしんどいのでは?

そんなことはありません!実は、とっても暖かいんです。

IMG_4896

先日の記事「着物でブラリ、冬の奈良の歩き方」で着物は重ね着を楽しむものだとご紹介しました。

でも実は、見えない部分にも暖かさの秘密がたくさん隠れているのです。

自分で着るとき、レンタルするとき、どんな暖かグッズがあると良いのでしょうか。

今回は、寒い日も安心、冬の着物の身支度をご紹介します。

IMG_4851

見えない部分に重宝するのがこちらの品々。

IMG_4854

まずはご存知、ユニクロのヒートテック。

極暖のTシャツインナー、8分袖、Uネックのタイプ。

レギンスもヒートテックの10分丈です。

IMG_4857

カイロは手に持ってもよし、腹巻のお腹のあたりに忍ばせておいてもあたたまります。

IMG_4855

腹巻はほぼ日ストアのもの。思わずチラ見せしたくなるほど可愛いデザインです。

用途に合わせてひびきにくい薄手から分厚いものまでさまざま。もちろん絵柄も色も豊富。

見えないところも素敵なデザインだと気分が上がりますね。

IMG_4852

それでは、早速着てみましょう。

IMG_4871

まずは、レギンスを履いた上から足袋を履きます。

レギンスは10分丈なので足袋との隙間もできず、足元を完全防備。

冬用の足袋や、分厚めの足袋靴下を履くのもおすすめです。

IMG_4893

レギンスは、歩いているとたまにちらりと見える程度で、ほぼ見えません。

またヒートテックは暖かいだけでなく、襦袢の裾もまとわりつかない、つるっとした素材。

驚くほど着物歩きを快適にしてくれました。

kimonotrip_06

次に、ヒートテックのTシャツインナーです。

写真のように、着物を着る際には首の後ろで着物の襟をぬき、うなじを見せます。

この着物の襟を抜いた部分からインナーが見えないよう、気を付ける必要があります。

インナーの背中側を下に向けてしっかりと引いて深くくり、その上から腹巻、肌襦袢という順です。

ここさえ気を付ければ、せっかくのうなじにインナーが見えるなんて格好悪いことは起こりません。

着付けてもらう場合には、着付け師の方にお任せすれば、問題なく着付けて頂けるはずです。

IMG_4885

次に袖を見てみましょう。

このように手が下の方に向いている場合には、8分袖のインナーは全く見えず、気になりません。

IMG_4883

手を伸ばしてみても、派手な動きをしなければ見えません。

IMG_4884

インナーの袖はこのあたりまで。

ちなみにこの写真のモデルは身長160cm、インナーはSサイズを着用しています。

IMG_4890

手を高くあげたりするとインナーが見えますが、着物ではあまりしない動き、でしょうか。

IMG_4888

鞄を持つと袖の隙間から少しだけ見えます。

気になる方は半袖のインナーでもいいかもしれません。

IMG_4873

そして忘れてはならないのが、羽織やコート。

IMG_4875

冬は着物以上に見える部分なので、羽織やコートを選んでからコーディネートしていくのもいいですね。

ちなみに羽織はカーディガンのように屋内でも着たままで良いのですが、コートは屋内では脱ぐもの。

ですので、お店で一息つく際などはコートを脱いで、隠れていたお着物もしっかり登場させられます。

IMG_4869

そしてショールでまたひとつ、色を足すことができます。

あたたかく首元を覆い、お気に入りのブローチをとめるとさらに素敵に。

IMG_4863

着物のあたたかさの秘密、お分かりいただけたでしょうか。

IMG_49012

どんなに寒い日も、この身支度なら上から足先までばっちり。

ちなみに写真のコーディネートは、着物からショールまですべてASUNARAのコレクション。

アンティーク着物での奈良散策「kimono trip

着物と茶粥と年末年始のお参り「worship trip

そのほか着物のレンタルが含まれたプランにて、お貸出ししているものです。

冬のお出かけは、冬だから楽しいお着物でいかがでしょうか。

IMG_4921

冬の奈良にも、着物がよく似合います。
Pocket

Plan おすすめの奈良旅プランPlan おすすめの奈良旅プラン