甘いものでも辛いものでも

IMG_2515

 

地味なものだから良さがある


奈良のお菓子は、派手なものは多くありません。

パッと見た目は地味な色合いのものが多いように感じます。

しかし、素朴だからこそお菓子をつくる素材を十二分に堪能できます。

今回ご紹介するのは、奈良のものをふんだん使った相傳(相伝)みたらし団子です。

IMG_2513

近鉄奈良駅からは、東向、餅飯殿、下御門と商店街をくぐり抜け、東へ向かうと見えてきます。

IMG_2522

 

代々引き継がれる味、相傳みたらし団子


だいたいスーパーカブが停まっているこちらのお店が創業百余年の『おくた』。

夏場はドアも開いていて、前を通るだけで香ばしい香りが広がっています。

IMG_2519

以前は別の場所でお店を出していたので、その時に使っていた看板ですね。

お餅の切り抜きがかわいいです。

IMG_2517

 

奈良のこだわりの素材を使用


みたらし団子は1本100円で甘口と辛口があります。

米は奈良県産のヒノヒカリを使い、奈良の造り醤油のタレをつけ、吉野の炭で焼くこだわりぶり!

1本からでも店内に椅子があるので腰を下ろして食べることもできます。奥のテーブル席に座るなら3本注文が必要です。

辛口は、さらっとした薄口の醤油味でお菓子というよりかはビールのおつまみにできそうな1品。

甘口も化学調味料のイヤな甘さはなく、弾力のあるお餅と絶妙に合うとろみのついたタレです。

IMG_2516

お店を出て東にまっすぐ行くと、浮御堂や奈良公園、北に戻ると猿沢池にたどりつく。

どちらも、みたらし団子を食べながら過ごすには持ってこいの場所です。

皆さんも、片手にみたらし団子を携え、奈良観光なんていかがでしょうか?

 
  • 店舗 / 伝統御菓子処おくた
  • 住所 / 奈良市中院町32番地
  • 営業時間 / 11:00~17:00
  • 定休日 / 火曜日
  • 公式サイト / http://okuta.jimdo.com

Pocket

Plan おすすめの奈良旅プランPlan おすすめの奈良旅プラン